中堅の消費者金融のカードローンを利用するデメリットは?

お金の借り入れと返済が可能なATMの数が少ない

あまり規模の大きくない、中堅の消費者金融を利用する場合、どのようなデメリットがあり得るのでしょうか。まず最初に挙げられるのは、借り入れ可能なATMの数が大手消費者金融よりも少ないということです。大手消費者金融のカードローンは銀行やコンビニなど様々なところにあるATMからお金を引き出すことが可能ですが、それは消費者金融が自社以外のATMを使えるように銀行やコンビニグループに手数料を支払っているからです。
しかし、中堅の消費者金融にはそういった資金があまりありません。そのため、大手と比べると限られた数の銀行やコンビニのATMしか使えないことが多いのです。当然、返済に際しても利用できるATMは少ないので客にとって利便性は低いといえるでしょう。

銀行や大手消費者金融と比べると利率が高い

銀行や大手消費者金融と比べると、割高な利率を設定されやすいのも中堅消費者金融のカードローンのデメリットです。規模が大きくない消費者金融は一定の客を確保するために、審査の基準を大手よりも下げていることが多いです。すると、多重債務者の割合も必然的に多くなるので、客が返済しなくなったり、自己破産してしまうということも起こります。貸したお金を回収できなければ消費者金融は損失を出してしまうので、そのリスクに備えて高い利率を設定するわけです。
ただ、大手消費者金融よりも高い利率にしてしまうと余計に客が集まらないということで、様々な方法でコストカットを行い、あえて低い利率で融資している中堅消費者金融もあります。